滅び行く世界

世界の滅ぶ様を・・・
不況…教え子救いたい 教員ら、奨学金支給へ事業団次々

不況…教え子救いたい 教員ら、奨学金支給へ事業団次々

 深刻な不況の中、独自の奨学金制度をつくろうと、私立高校の教員が各地で事業団を立ち上げている。今年になって北海道と熊本で設立、新潟などでも計画が進む。総選挙を控え、各政党は高校無償化、奨学金の拡充……と公約を掲げるが、実現するかどうかは不透明。「いま、目の前で苦しんでいる教え子を救いたい」と行動に出た。生徒も加わって募金を集め、早いところは年末から無利子で貸し付けを始める計画だ。 >>続きを読む

 奨学金というのは、返却については、かなり厳しかった記憶があります。返す額も、かなり大きな額で少ない回数で返却したと思います。その辺はどうなんでしょうかねぇ。

| the_longest_day | 教育 | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
高校生:4人に3人、学ぶお金「心配」 生徒が調査

高校生:4人に3人、学ぶお金「心配」 生徒が調査

 高校生の4人に3人が、学業を続ける上で何らかの金銭的な困難を感じていることが、埼玉県の定時制高校生が呼びかけたアンケート調査で分かった。4人に1人は「学費で家族に迷惑をかけて申し訳ない」と回答しており、経済環境の悪化が学ぶ場を直撃している様子が浮かんだ。>>続きを読む

 学歴主義的な考えなくせば、インターネット応用での独学という方法も採れるのではないか?学ぶというスタイルの根本を見直しつつ、何か、よりお金の掛からない方法があると思うが・・・

| the_longest_day | 教育 | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

一番上へ